大好きな揚げ物を食べすぎて太った! 可愛くなりたくてダイエット

大学生の時に1人暮らしをしていたので、不摂生を咎めたり栄養のバランスを考えてくれる親が身近にいないことをいいことに、大好きなお菓子やパスタ、揚げ物などを好きな時に好きなだけ食べていました。

コンビニで食べたい時に食べてた

さらに、当時コンビニエンスストアでアルバイトをしていたので、新商品が出るたびに「美味しそうだなぁ」と思ったお弁当を食べ、スイーツ商品を食べ、ホットスナックを食べ、と欲望の赴くままに食べに食べていました。

そうすると、当然のことなのですが太ってしまうんですよね。
それまでは38㎏だった体重が、45㎏にまで増えてしまって本当に驚きました。
45㎏というと、「そんなに大して太ってないんじゃない?」という人もいるかと思いますが、私は身長が150cmと低いので、その分ちょっとでも太るとすぐに体型に出てしまうのです。

さらに、私は高校生の時まで体育の授業の時間が苦痛でしょうがなかったため、大学に入って体育が選択科目だと知ると大喜びで体育の授業を履修科目から外してしまい、さらに運動嫌いな私が授業以外で運動をするなんてことを考え付くはずもないため、太っていく一方でした。

好きな人ができたからダイエット

ですが、その当時私には好きな人がいました。
同じバイト先の人で、彼はとても格好良くて服装もおしゃれ、体型もスリムな人だったので、「彼に振り向いてもらえたらいいな、そのためにはまず痩せなきゃいけない」と思うようになり、ダイエットを決意したのです!
でも、ダイエットといっても何をしたらいいのかはよくわかりませんでした。

それまでは全く太ったことがなかったので、「頑張ってダイエットをする」という考えが頭に浮かんだことすらなかったのです。
そこでまず、パソコンを使って色んなダイエット法やダイエットの知識を検索してみました。

トマトジュースダイエット

すると、運動をしながら食事の面からも改善していくのが一番健康的な痩せ方だという情報を手に入れたので、その当時話題になっていたトマトジュースダイエットをしながら、近くの公園や河川敷をウォーキングしに行くことにしました。

トマトジュースダイエットは、トマトに含まれているリコピンやペクチンという食物繊維の力を借りて便秘を解消することにより、痩せることができるというダイエット法でした。

私はトマトが大嫌いだったので、「これを機にトマトジュースくらいは飲めるようになりたい」という思いもあり、夜寝る前に必ずトマトジュースを飲むようにしました。

もちろん、トマトジュースを飲んで痩せられるという夢のような話はないので、徒歩で片道30分の大学までの道のりを、それまで利用していた通学バスから徒歩に変え、講義が終わったらその足で公園の周りを早歩きで1時間ほど歩くようにしていました。
また、大好きな揚げ物や甘いものも、なるべく我慢するようにしていた気がします。
そのおかげで無事に元の体重まで戻すことができ、当時の意中の彼からも「最近痩せたんじゃない?」といわれるようになり、半年後になんと付き合うことができました。
頑張ってよかったと今でも思っています。